BOULEVARD MI-ETE, MILTON KEYNES FESTIVAL OF CREATIVE URBAN LIVING 2019

Updated: Mar 9

MILTON KEYNES is a prime example of the ‘New Towns Movement’ and designed as a ‘garden city’. The city planning is characterised by a rigid grid of roads, roundabouts and parks. Midsummer Boulevard is one of those rigid roads in the centre of the city.

The use of the name ‘boulevard; leads one to believe that the planners had a romantic vision in mind and although flanked with lush green trees, the ‘boulevard’ seems to vacated by the intended liveliness and atmosphere.

The installation ‘boulevard mi-été’ aims to inject the road with that desperately needed bit of ‘je ne c’est quoi’. Taking hints from the origin country of the word ‘boulevard’, an installation is created where people will gather and enjoy playing & entertainment.

Two ‘Jeu des Boules’ or ‘Petanque’ lanes have been positioned on either side of the centrally located ‘bandstand’. Along the Petanque lanes benches are placed for spectators, using the existing steel barriers for support, and a little square has been created around the bandstand.

To ensure a romantic atmosphere, string lights are hung along the benches and Petanque lanes to create the right mood in the evening.

The whole installation is painted purple, a colour reminiscent of Lavander in France.


PERCEPT|on just received the jury rapport of the MK festival 2019. Our proposal was not selected from the 101 proposals entered by visual artists, architects, designers, creative practices, musicians, urban planners, gardeners….


ブールバール ミエテ (ミッドサマーブールバール)

ミルトンキーンズは「ニュータウンムーブメント」のとても良い例で、「ガーデンシティ」としてイングランドに設計されました。

都市計画は、グリッド状の道路やラウンドアバウトや公園によって特徴付けられています。ミッドサマーブールバールはこれらのきちんと区画された通りの一つで、街の中心部にあります。

「ブールバール」という名前の使用は都市プランナーの、フランスの街を想わせるようなロマンチックなビジョンを想起させられますが、実際は、緑豊かな木々に囲まれていたにもかかわらず、「ブールバール」は人びとの活気や雰囲気が欠けているように見えました。

このインスタレーション「ブルバール ミエテ」は、「フランス的な特別な何か(ジュネセクワ)」をこの通りに取り込もうという試みです。

「ブールバール」という言葉の起源であるフランスの文化からヒントを得たこのインスタレーションに、人々が集まり、遊びと娯楽を楽しむ場所となります。

中央に位置する「バンドスタンド」の両側に、「ジュデブール」と「ペタン」の2つのレーンを置きます。ペタンのレーンに沿って観客のためのベンチを配置します。このベンチは既存の鉄柵をサポート部に使用します。そして小さな広場をバンドスタンドの周りに作ります。

ロマンチックな雰囲気を醸し出すために、ペタンレーンのベンチに沿って吊り照明をつけ、夜の雰囲気を演出します。

インスタレーションは全体が、フランスのラベンダー畑を彷彿とさせる紫色で統一されてペイントされています。

PERCEPT|onはMKフェスティバル2019の結果を受け取ったところです。私たちのデザインは、グラフィックデザイナー、建築家、デザイナー、ミュージシャン、都市プランナー、ガーデナーといった他の参加者からの101の提案の中から選ばれませんでした。


#percept_on #placemaking #raumlabor #miltonkeynes #jeudesboules #petanque

The installation ‘boulevard mi-été'

0 views
  • linkedin_icon
  • pintrest_icon
  • youtube_icon
  • facebook_icon
  • instagram_icon
  • mail_icon